縄文の里・朝日が新しくなります。


縄文の里・朝日は、平成29年4月1日よりイヨボヤの里開発公社の指定管理となりました。
お客様の要望に素早く対応し、サービスの向上に努め、これまで以上の縄文の里・朝日をみなさまにお見せしていきたいと考えています。

                            縄文の里・朝日 館長











最新情報&更新情報



*2019年7月20日(土)~  
夏・秋の企画展 
「村上からこんなの出土
(でま)した」村上市内遺跡からの出土品
 下の企画展情報をクリックしてください。

*2019年7月27日(土) 
 縄文の里・星空観望会

 満天の星空を天体望遠鏡で。天文写真家 沼澤茂美氏の南米チリでの星の話も。

 下の最新体験イベント情報をクリックしてください。

*2019年8月3日(土)・4日(日)・12日(月・振)・17日(土) 
 縄文の里・夏休み課題講座

 縄文体験の土器やまが玉を作り、昔の人のくらしを学ぶ小学生夏休み課題の応援企画です。

 下の最新体験イベント情報をクリックしてください。

*2019年8月11日(日・祝) 
 縄文人一日なりきり体験

 縄文人の生活を体験。石器で切った肉や野菜を火おこしでつけた火で焼くなど縄文暮らしをしよう。

 下の最新体験イベント情報をクリックしてください。

*2019年8月18日(日) 
 あつまれ!夏の山遊び体験

 メダカすくい、クワガタつりで楽しみ、クイズラリーで景品を。
 奥三面ダムカレーでポンポコと舌鼓を。

 下の最新体験イベント情報をクリックしてください。



2019.6.22 最新体験イベント情報
2019.6.22  企画展情報









































縄文の里・朝日のコンセプト

新潟県村上市(朝日地区)の奥三面地域には、縄文時代からの暮らし、奥三面の暮らしがありました。奥三面歴史交流館では、ダムに沈んだ奥三面が残してくれたものを展示し、さまざまなものづくりを体験することを通して、奥三面が残してくれたことを伝えていけたらと考えています。


楽しく学べるイベントがたくさん!

展示スペース

縄文時代から現在に至るまでの歴史を、遺物の展示や生活の様子をリアルに再現したスペースなどがあります。くわしくはこちら

実際に体験するイベント

まが玉作りや土器づくりなど、実際に楽しく体験ができるイベントがたくさんあります。くわしくはこちら



じんめちゃん」と「じょーもくん
 国指定重要文化財元屋敷遺跡のキャラクター、「じんめちゃん」と「じょーもくん」と一体になり、写真を撮りませんか。フォトジェニック間違いなしですよ。
 是非、「じんめちゃん」と「じょーもくん」に会いに来てください。ふたりも待っています。





左が「じんめちゃん」右が「じょーもくん」です。よろしくね。