天保年間創業。鮭と友に170年余り。鮭のことなら又上にお任せください

会社概要

会社概要

会社名
株式会社 又上
代表者名
伴田 宏
岩船本店
岩船本店〒958-0051
新潟県村上市岩船上町6-24
TEL: 0254-56-7055 
FAX: 0254-56-6181
営業時間 : 9:00~18:00 
休業日 : 1月1日
村上プラザ店
村上プラザ店〒958-0823
新潟県村上市仲間町200
TEL: 0254-50-1124 
FAX: 0254-50-1154
営業時間 : 10:00~20:00 
休業日 : 年中無休
メール
matajoe@iwafune.ne.jp
アクセス

より大きな地図で (株) 又上 を表示

会社沿革

創 業
天保年間(1842年以前)
天保年間
初代 又太郎に依る天保13年(1842年)12月2日(旧暦)付の廻船問屋小嶋屋栄助とのイトロッフ(択捉)鱒、並・上物計12,060尾の売買契約書がある。
当時の取扱商品は、鮭、昆布、身欠にしん、数の子、鰹節など北海道産塩干物のほか、地元産ぬか漬いわし、ぬか漬サバ、サバいぶしなどで、販売先は山形県米沢方面を主として、伊達、福島、梁川など行商卸しの記録がある。
明治年間
以来、明治中期まで続ける。
その後、通信、鉄道の敷設など交通網の整備に伴い物資の流通が激しく変わり、旧来の米沢街道経由の商いは著しく衰退する。
大正〜
昭和初期
昭和に入る頃から商いは地元をはじめ、近郊(神納、西神納、村上)方面への小売りと変わる。
昭和16年に太平洋戦争が勃発すると物資は統制(配給制度)となり、しばらく商いを休むことになる。

戦後、世の中も安定し商いも自由に出来るようになると、通常の商いのほか、戦前から手掛けていた神納郷で獲れる活鰌(どじょう)を集荷し、東京、北陸方面に出荷するようになる。(6月〜8月)
昭和25年
(1950)
こんにゃくの製造を始める。後に、ところてんの製造も始める。(昭和60年頃まで)
昭和35年
(1960) 4月
海産物の卸売りを始める。
昭和44年
(1969) 5月
「有限会社 又上商店」を設立する。
昭和48年
(1973) 6月
店舗新築
平成5年
(1993) 10月
村上プラザ店オープン
平成8年
(1996) 2月
株式会社に改組。「株式会社 又上」に社名変更する。
平成9年
(1997) 2月
工場(鮭製品などの加工場)新築
平成19年
(2007) 6月
岩船本店 店舗改装

TOPへ