県北の城下町村上 歴史と伝統がここにある
〒958-0837 新潟県村上市三之町7-9
TEL0254-52-1347 FAX0254-53-6304

サイトマップ お問合せ
施設案内 利用案内 村上のまつり 村上の歴史 村上の武家屋敷

皇太子妃雅子さまゆかりの地・村上

 雅子妃殿下と村上とは、とりわけ深い関係があります。
 旧村上藩主内藤家の家臣家系図で、最初に小和田家の名前が登場するのは天明7年(1787)第十代藩主内藤信敦侯時代の分限帳に「下横目、小和田新六」とあります。下横目とは、下級藩士のお目付役で禄は二人扶持でした。
 小和田新六は、柔術(制剛流)の達人でした。郷土史によると新六が天明8年(1788)に丸山令二治らと出した制剛流の許状が紹介されています。許状を出すには武術だけではなく人格識見ともに備わっていなければならず、新六もまた深い学識を備えていたものと思われます。
 江戸末期、村上藩沖にも「黒船」が姿を現わします。嘉永元年(1848)4月、内藤藩は酒井藩とともに海岸防衛のために出兵します。その中に、小和田道助の名前が見えます。道助は、安政6年(1859)親鸞上人の大法要の時、本悟寺(村上市細工町)に絹に銀の刺繍をした立派な打敷を寄進、今も同寺に残っています。幕末、小和田家はいくつかの分家を出したといわれ、雅子様のご先祖もそのひとつになります。
 小和田新六から曾祖父金吉までの家系については不明の点が多く、これからの調査に待つところが大きいのが現状です。
 明治初年の氏族名寄帳と、幕末に生きた人の聞き書きをもとに大正元年に作られた村上城絵図には、四人の小和田姓が登場します。
 戊辰の役で、村上藩は激しく揺れ、明治初年まで村上に住んでいた小和田一族は武士の身分を失い各地に別れました。
 一族の墓は、本悟寺と同市寺町の西真寺に残ります。西真寺の話では、同心組に名を連ねた小和田兵五郎の墓を、小和田毅夫氏が何度か訪れているとのことでした。 また、旧村上藩士族の団体である村上城址保存育英会に保存されている明治17年の村上鮭産育養所の漁業権者名簿(736戸)に金吉氏、大正13年の名簿に毅夫氏の名が記載されています。
 雅子妃殿下の曾祖父金吉氏(1900年没)までは、現在の村上市飯野に住んでいました。祖父の毅夫氏は教員になって村上市を離れ、新発田市、上越市を転任しながら移り住みました。
 父 恒(ひさし)氏は、毅夫氏が新発田市で教壇に立っているときに生まれましたが、本籍は村上市になっていました。
 村上市を流れる三面川は、世界に先駆けた鮭の人工増殖法とされる「種川の制」を旧藩時代に確立し、貧しかった藩の財政再建に貢献しました。明治の廃藩置県以降は、この収益で私学校が設立されたほか、旧藩士の子弟の育英制度が設けられ、これによって学び世に出た人たちは「サケの子」と呼ばれました。金吉氏、毅夫氏もその一員でした。
 妃殿下の祖母静さんの先祖も、旧村上藩士であることが記録により明らかになりました。このように雅子妃殿下と村上とは深いつながりあるのです。

2階展示場にはご成婚に伴い村上市役所で行われた除籍事務の関連資料やご成婚を記念して製作された村上堆朱の大きな二斗杯などを展示しています。
まいづる公園内に移築復元された「旧嵩岡家住宅」は雅子様の祖母静さんの父嵩岡又四郎氏が生活された武家屋敷です。