岩船大祭

岸見寺(がんげんじ)のおしゃぎり
岸見寺のおしゃぎり
 行列の先頭を行く岸見寺のおしゃぎり。曳き手は岸見寺若連中、通称「岸若(がんわか)」。法被の印は「左三巴」で(岩船神社の紋は 「右三巴」。これは岩船神社に憚って左右を変えたという説もある。)、代表は「頭取」を名乗る。
 つい近年まで漁師以外は頭取になれなかったというほど生粋の漁師町で、飾り物はもちろん「お船様」、見送りは「波」。漁師町らしく、 鯛をはじめ魚の彫刻が多く見られる屋台である。
 岩船のおしゃぎりは二層二輪造りで、堆朱・堆黒の塗りをほどこされ、金箔を押した彫刻が豪華さを競い合う。「お囃子台」である一階 部分の上に、唐破風のひさしが四方にめぐらされ、飾り物の乗る「飾り台(上台=うわだい)」が二階部分となる。さらにその上に「雨障 子」と呼ばれる屋根がかかるのだが、岸見寺のおしゃぎりだけは雨障子の屋根をかけない。お船様の上に幣束と帆柱を立て、吹流しと「明 神丸」の旗が風にはためくのである。

TOPへ

地蔵町のおしゃぎり
地蔵町のおしゃぎり
 二番目は地蔵町。岸見寺の隣に位置し同じように漁師が多いが、戸数50足らずの小さな町で、屋台の造りも一番簡素である。
 曳き手は地蔵町若連中、通称「地若(じわか)」。代表は「頭取」、法被の印はおしゃぎりの車輪を形どった「車」の紋。飾り物は「諏 訪大明神」を表わす「お神酒錫」。
 石川をはさんで地蔵町の対岸に「諏訪神社」が祀られており、漁師たちに信仰されている。見送りは、内側には紺地に「諏訪大明神」の 文字が、外側には緋色の地に「車」の紋が刺繍された美しい緞帳である。

TOPへ

上大町のおしゃぎり
上大町のおしゃぎり
 三番目以降は、上岩船(上大町、上町、上浜町、惣新町)と下岩船(下大町、下浜町)が一年おきに先後を交替する。ここでは、上岩船 先番として紹介を続けよう。
 三番目は上大町(下岩船先番では五番目、以下同じ)。飾り物は「大黒天」、見送りは「鶴と亀」。近年、修理・塗り直しの進む岩船の おしゃぎりの中で、古いままではあるが、この屋台の龍や鳳凰の重厚な彫刻の素晴らしさは誰の目にも明らかである。乗り子の衣装は揃い の裃(かみしも)で、この町独自のものである。
 曳き手は上大町若連中、通称「大若(おおわか)」、代表は「会長」。法被の印は「大黒天」にちなんで「打ち出の小槌」。上大町と惣 新町には、屋台の他に「笠鉾」も残されており、祭礼の行列に花を添える。

TOPへ

上町(かんまち)のおしゃぎり
上町のおしゃぎり
 四番目は上町(六番目)。古いことわざに「見ろば上町、聞こば新町」と讃えられ、大層立派であったと伝えられる先代のおしゃぎりは、 明治年間に焼失している。現行屋台は細部の彫刻に手の込んだものが多く見られる。
 飾り物は、町内に祀られる「住吉神社」を表わす「お神酒錫」、見送りは「鷹と龍」。上町の「通り囃子」は、たおやかな調べの佳曲で ある。曳き手は「一番組」、代表は「組長」、法被の印には見送りの「鷹」が描かれている。

TOPへ

上浜町のおしゃぎり
上浜町のおしゃぎり Photo:Tsutomu Matsuda
 五番目は上浜町(七番目)。数々の豪華な彫刻も眩しい上台に乗る飾り物は、神功皇后の三韓征伐のおり、皇后を助けて大いに武功を上げたという伝説の武神「武内宿禰(たけのうちのすくね)」。見送りは「宝珠に双龍」。上台の桐の葉や、腰板の蘇鉄の彫刻が特徴的で興味深い。
 お囃子は「通り」「帰り」とも、半音を多用した独特の旋律である。曳き手は「屠龍会」、代表は「会長」、法被の印は「烏帽子に軍配」。

TOPへ

惣新町のおしゃぎり
惣新町のおしゃぎり Photo:Tsutomu Matsuda
 六番目は惣新町(八番目)。中新町、縦新町、新田町の3町から成り、曳き手は惣新町若連中、通称「惣若(そうわか)」。代表者は「 組長」だが、各町ごとに若連中を組織しているので、3人が「組長」の法被を着る。法被の印は「桜」の紋。飾り物は「花笠」、見送りは 「鯉の滝登り」。傑作が揃う見送りの中でも代表的な存在で、一見に値する。
 また「聞こば新町」と言われるように、「通り」「帰り」ともに明るい中にも哀愁の漂う名曲であるが、とくにご祝儀の上がった家で奏 され、そのまま「通り」へと吹きつながれる「もみだし」は、岩船の祭り囃子の白眉であろう。

TOPへ

下大町のおしゃぎり
下大町のおしゃぎり
 七番目は下大町(三番目)。曳き手は「篤信会(とくしんかい)」、代表は「会長」、法被の印はかつての火消しの流れを汲む「い」の文字。
 飾り物は七福神の一つ「福禄寿」。長い顔をした仙人のような人形を、町の人は親しみを込めて「外法(げほう)様」と呼ぶ。見送りは 「二見ヶ浦の日の出と海老」で、名勝を題材に中央に大きな伊勢海老が輝く。上台正面の龍の彫刻も見事である。
 また「聞こば新町」と言われるように、「通り」「帰り」ともに明るい中にも哀愁の漂う名曲であるが、とくにご祝儀の上がった家で奏 され、そのまま「通り」へと吹きつながれる「もみだし」は、岩船の祭り囃子の白眉であろう。

TOPへ

下浜町のおしゃぎり
下浜町のおしゃぎり
 八番目は下浜町(四番目)。岩船では最も古い、1801年製作のおしゃぎりである。飾り物は「恵比寿様」。お顔もにこやかに、笹の 竿をかざし大鯛を釣り上げる姿は、飾り物の中でも最も見事なものである。見送りは「雲と麒麟」。
 曳き手は下浜町若連中、通称「浜若」、代表は「会長」、法被の印は「柏」の紋。
 下浜町にも「もみだし」があるが、こちらは笛の低音を多用した難しい節回しで、玄人好みの名曲と言える。

TOPへ

横新町のおしゃぎり
横新町のおしゃぎり
 八番目のおしゃぎりが神社を出ると、玉槍とお御輿がお旅所を立ち、行列に加わる。神官や氏子役員がこれに続く。
 町の人が俗に「白駒(しろこま)」と呼んでいる、「御神馬」を飾り物に戴く横新町は、常に行列の最後尾を進む。昭和62年に新調されたおしゃぎりは、塗りの入らない白木の屋台だが、上台には手の込んだ宝尽くしの彫刻がほどこされている。
 曳き手は「誠友会」、代表は「会長」、法被の印は「八咫鏡に右三巴」の紋である。
 昭和40年代まで、このおしゃぎりの後に、背に金の御幣を立てた本物の馬が何頭もつき従っていた。農業の機械化が進み、馬を飼う農家が消えて、そんなのどかな光景も今は見られなくなった。

TOPへ

TOPへ