本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0254-53-2249

〒958-0837 新潟県村上市三之町2-41

給食LUNCH

3月16日(木) 4つの「食べる」

今日の献立は、カツカレー、ちりめんじゃこのサラダ、デザート、牛乳です。
今日で1年間の給食が終わりとなります。
これから、みなさんが進級や進学することをお祝いして、「カツカレー」のメニューにしました。最後の給食を、楽しくおいしくいただきましょう。
みなさんはこの1年間、給食の時間に食べ物や料理のことについて、たくさん勉強してきました。給食で苦手な食べ物がでても、自分自身の健康のことを考えて、少しでも食べることができるようになったでしょうか。今日は、みなさんに、4つの「食べる」について紹介します。
①「お腹で食べる」・・・とりあえず、お腹がいっぱいになればよいという食べ方です。
②「口で食べる」・・・自分の好きなもの、好きな味だけ選んで食べる食べ方です。
③「頭で食べる」・・・今まで勉強してきた食べ物の栄養の大切さを、よく考えながら食べる食べ方です。
④「心で食べる」・・・食べ物には命があり、私たちは食べ物の命をもらって生きていることや、また、食事を作ってくれる人の苦労や思いなどを考えながら食べる食べ方です。
みなさんは、「お腹」や「口」だけでなく、「頭」や「心」でも食べることができますか。

3月15日(水) 食生活をふり返ろう④ 郷土料理

今日の献立は、ごはん、えのきのおひたし、塩引き鮭、大海、牛乳です。
みなさんが知っている村上の郷土料理は何ですか?今日の給食の、塩引き鮭や大海も村上の郷土料理です。郷土料理は、その地域ならではの食材を使い、その地域の独特の調理法で作られた料理です。郷土料理のひとつひとつを知ることで、その地域の歴史や文化、自然や食材の旬を感じることができます。
今日の給食では、村上の郷土料理をじっくり味わいながら、村上の良さを感じてください。

3月14日(火) 食生活をふり返ろう③ 感謝して食べよう

今日の献立は、わかめごはん、もやしとニラのアーモンドあえ、茶碗蒸し、じゃがいものそぼろに、牛乳です。
感謝の気持ちをもって食事をすることができましたか?何に感謝の気持ちを表しますか?毎日食べているお肉や魚、野菜ももともとは命です。食べ物に感謝の気持ちをもっていただきましょう。また給食を作ってくださる調理員さんや、農家の方など私たちがご飯を食べるまでには多くの方の苦労があります。食べ物だけでなく、たくさんの人に感謝の気持ちを表しましょう。「いただきます」や「ごちそうさま」のあいさつをきちんとすること、残さずに食べること、また後片付けをきちんとすることなどで感謝の気持ちを表すことができます。おはしの向きをそろえたり、紙カップなどをきれいに重ねて返したりしてくれると調理員さんに感謝の気持ちが伝わります。

3月13日(月) 食生活をふり返ろう② 朝食

今日の献立は、ごはん、あおなのチーズあえ、魚の竜田揚げ、沢煮椀、くだもの、牛乳です。
今日は給食だけでなく、朝食について振り返ってみましょう。朝ごはんは毎日食べて登校してきましたか?朝ごはんはパワーの源です。勉強するための頭のエネルギー源は約12時間分しか蓄えがありません。夜7時に夕飯を食べたとすると、朝7時には皆さんの脳はエネルギー切れになってしまいます。そこで朝ごはんを食べてエネルギーを補給する必要があります。勉強に集中するためにも、朝ごはんを食べて登校しましょう。

3月10日(金) 食生活をふり返ろう① 旬の食べ物

今日の献立は、ごはん、きりぼし大根のごまいため、ししゃものカレーやき、すきやき、牛乳です。
給食で旬の食べ物や行事食を楽しめましたか?「旬」とは、1年の中で1番おいしい時期のことを言います。3月は暦の上では「春」ですが、まだまだ寒い日もありますね。今日の給食にも使われている小松菜やほうれん草は、冬が旬の野菜で、今頃もおいしく食べられますが、スーパーなどのお店では菜の花、ふきのとうなど春を感じる食べ物も並ぶようになってきます。食べ物でも春見つけをしてみましょう。
また3月の行事食には3月3日のひなまつり献立がありました。旬の食べ物や行事食で季節を感じたり、その行事にこめられた願いなどを食べ物を通して知ったりしました。毎日の食事で旬の食べ物を見つけたり、行事食を楽しんだりしましょう。

3月 9日(木) 給食時間をふり返ろう⑤ 後片づけ編

今日の献立は、天丼、のりずあえ、ごじる、牛乳です。3月は、学年のまとめの月です。
今日は給食の後片づけについてふり返ってみましょう。
①ごはん茶わんやお皿、おぼんの上はきれいにして返しましたか。 
②はしやスプーンは、向きをそろえて返しましたか。
③牛乳パックをきちんとたたんだり、カップを重ねたりして返すなどして、ゴミが少なくなるように工夫することができましたか。
一人一人がきちんと後片づけをすると、その後の後片づけをしてくれる調理員さんの仕事がスムーズに進められます。調理員さんに、いつもお世話になっている感謝の気持ちを表わす意味でも、きれいに後片づけをすることを心がけましょう。

3月 8日(水) コロッケ

今日の献立は、村上牛のコロッケバーガー、クラムチャウダー、牛乳です。コロッケは、フランス料理の「クロケット」がもとになっています。「クロケット」は、クリームコロッケのようなものですが、その当時の日本人の好みに合うじゃがいもに作り変えたことで、日本中に広まっていきました。今日は村上牛の入ったコロッケです。村上牛は、村上市や関川村、胎内市で育てられた黒毛和牛の中でも、特に良質の肉で日本一に輝いたこともあります。今日は、村上牛のコロッケと野菜を一緒にパンにはさんで食べましょう。

3月 7日(火) 給食時間をふり返ろう④ 食べ方編

今日の献立は、キムチチャーハン、小松菜のオイスターソースいため、かいせんチヂミ、トックスープ、牛乳です。
3月は、学年のまとめの月です。
今日は、給食の食べ方についてふり返ってみましょう。
①ごはんと、汁やおかずを交互に食べることができましたか。
②苦手な食べ物がでても、一口はチャレンジして食べることができましたか。
給食は、みなさんが成長するために必要な栄養がたくさん入っています。みなさんの体は、自分自身で作ります。健康な体で成長するためにも、これからも好き嫌いしないで食べるようにしましょう。
 

3月 6日(月) 給食時間をふり返ろう③ 食事マナー編

今日の献立は、ごはん、たくあんのおかかあえ、ひじきととうふのつくね、岩船ふのみそ汁、牛乳です。
3月は、学年のまとめの月です。
今日は給食の時間の食事マナーについてふり返ってみましょう。
①食器を正しく置いて食べることができましたか。
②「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつはきちんとできましたか。
③肘をつかず、背中をのばして食事をすることができましたか。
④ごはん茶わんをもって食べることができましたか。
⑤声の大きさに気をつけながら、食事にふさわしい会話で食事をすることができましたか。
食事のマナーを守ると、クラスのみんなが楽しく給食時間を過ごすことができます。また、自分自身も、食べ物をこぼしたり落としたりしないできれいに食事をすることにつながります。これからも、今ふり返った5つのことをできるようにしましょう。

3月 3日(金) 給食時間をふり返ろう② 給食当番編 

今日の献立は、ソフトめん、とりごぼうじる、はりはりづけ、やなぎがれいの磯辺あげ、牛乳です。
3月は、学年のまとめの月です。
今日は、給食当番の仕事についてふり返ってみましょう。
①身支度(マスク・給食着・帽子のかぶり方)は、きちんとできましたか。
②みんなで協力して、安全に気をつけながら、給食のワゴンを運ぶことができましたか。
③盛り残しに気をつけながら、盛りつけをすることができましか。
給食当番の仕事は、クラスのみんなが安全で清潔に給食が食べられるようにするための、大切な仕事です。これからも、今ふり返った3つのことをできるようにしましょう。

3月 2日(木) ひなまつり

今日の献立は、ちらしずし、なのはなごまあえ、さけのしおやき、はまぐりのうしおじる、ひな祭りゼリー、牛乳です。
今日は「ひなまつり」献立です。ひなまつりは、女の子の成長や幸せを願う行事で「桃の節句」ともいいます。もともとは、草や紙で作った人形で体をなでて災いをうつし、それを川や海に流しておはらいをしたのがはじまりです。
女の子のいる家では、ひな人形を飾り、桃の花やひなあられ、ひしもちなどをお供えします。ひしもちは、緑・白・ピンクの3つの色のおもちを重ねたものです。緑は若草、白は雪、ピンクは桃の花で、春が訪れる頃の景色を表わしています。今日はその3色を使ったゼリーをいただきます。

3月 1日(水) 給食時間をふり返ろう① 準備編

今日の献立は、ごはん、じゃがいものカレーきんぴら、鳥肉のねぎみそ焼き、きのこけんちんじる、牛乳です。
3月は、学年のまとめの月です。
給食の準備について、きちんとできていたか、ふり返ってみましょう。
①給食が始まる前には、机の上をきれいに片づけましたか。
②マスクを忘れずにつけましたか。
③石けんをつけて手洗いをし、手洗いのあとは、ハンカチで手をふきましたか。
④手洗いの後は、手を汚さないように行動することができましたか。
清潔で安全な給食時間にするために、これからも、今ふり返った4つのことをできるようにしましょう。

2月28日(火) もったいない

今日の献立は、ごはん、りんご、豚肉とてんこんの黒酢いため、くきわかめとたまごのスープ、牛乳です。
日本では昔から,「もったいない」という言葉が使われています。もったいないという言葉は、まだ使われる物、食べられる物を無駄にしたときに使います。この「もったいない」という言葉に感動したケニアのワンガリー・マータイさんは、世界中に「もったいない」という言葉を広げる活動をしていました。
「もったいない」という言葉は日本でできましたが、今の日本では、食べ残したり、食べ物を使い切れないで捨ててしまう「食品ロス」が大きな問題となっています。日本の食品ロスは年間約600万トン以上と言われていますが、これは毎日おにぎりを一人2個捨てているのと同じことになるそうです。みなさんができる一番身近な「食品ロス」を減らす方法はなんでしょうか?考えてみましょう。

2月27日(月) 水菜

今日の献立は、ごはん、ツナあえ、いかのからあげ、豆乳なべ、牛乳です。
今日の豆乳鍋に入っている葉物野菜は何か分かりますか?
正解は「水菜」です。昔は、肥料を使わず水だけで育てられたので「水菜」と呼ばれるようになりました。その他にも、京都の伝統野菜であることから「京菜」とか、葉がギザギザしているところが柊の葉に似ているので「柊菜」とも言います。
実は水菜はとても栄養豊富な野菜です。骨を強くするカルシウムは、ほうれん草の4倍、肌をきれいにしてくれたり、病気に負けない体にしてくれるビタミンCはほうれん草の1.5倍もあります。
水菜は冬が旬の野菜です。旬の味を味わっていただきましょう。

2月24日(金) 料理名クイズ

今日の献立は、こぎつねごはん、さんかいサラダ、ささかまのおこのみやき、みそかきたまじるです。
第1問 さんかいサラダの「さんかい」には、どんな漢字が当てはまるでしょう?
①三回   ②参会(集まること)  ③山海
正解は、③「山海」です。この漢字のとおり、山の幸であるきのこや海の幸であるワカメが入っているサラダです。
第2問 こぎつねごはんに入っている「きつね」は、ある食べ物が入っていることを表しています。それは、どれでしょう?
①とりにく  ②だいず  ③油揚げ
正解は、③「油揚げ」です。きつねの好物であったという言い伝えから「油揚げ」のことを「きつね」とよぶことがあります。
このように、料理名が分かると、どんな材料が使われているかが分かります。  

2月23日(木) さわら

今日の献立は、ごはん、こまつなのにびたし、さらわの味噌漬け焼き、のっぺい汁、牛乳です。
今日の給食の主菜は「さわらの味噌漬け焼き」です。 さて、食育クイズです。「さわら」の漢字は、どれが正しいでしょう。
① 「鰆」・・・魚へんに、春。   ②「鯉」 ・・・魚へんに、里。
③ 「鰍」・・・魚へんに、秋。
正解は①「鰆」です。この文字の通り冬から春にかけて旬を迎える魚です。さわらは白身で味が淡泊なのでどんな味付けにも合いますが、今日の給食では、「西京味噌」という味噌で味をつけました。西京味噌は、白みそで関西の方でよく食べられているみそです。旬の魚を味わっていただきましょう。

2月22日(水) 大豆の変身

今日の献立は、きなこ揚げパン、しゃぶしゃぶサラダ、マカロニスープ、牛乳です。今日の給食の中で大豆から作られている食べ物があります。それは何でしょう?
正解は、きなこ揚げパンの「きな粉」です。きなこは、大豆を炒って粉にしたものです。きなこには、黄色い大豆から作られる黄色いきなこと、青大豆から作られる緑色をした「うぐいす粉」があります。
大豆から作られる食べ物には豆腐、油揚げ、みそ、しょうゆなど色々とありますが、その中でもきな粉が一番、大豆の栄養をそのままとることができます。大豆には、体を大きくするために必要なたんぱく質や、体の調子を良くするビタミンや食物繊維、骨を強くするカルシウムなどたくさんの栄養があります。今日の給食でも大豆パワーをいただきましょう。

2月21日(火) えび

今日の献立はごはん、ひじきのサラダ、えびマヨあえ、ワンタンスープ、牛乳です。えびは漢字で書くと、海という字に老人の老という字を使います。エビは腰が曲がっているように見えることや、ひげが長いことから老人に見立て、長寿の縁起物としておせち料理などでも使います。えびは、味が淡泊なので和風・洋風・中華風と、どんな味付けにも合います。今日の給食の味付けは、中華風の「チリソース」をアレンジした、調理員さん特製のマヨソース味です。ごはんにもぴったりの味付けなので、白いごはんといっしょにモリモリ食べましょう。

2月20日(月) 打ち豆

今日の献立は、牛丼、白菜のピリ辛和え、打ち豆のみそ汁、牛乳です。
打ち豆は、水でもどした大豆を石臼にのせ、木槌でたたいて乾燥させたものです。新潟県や福井県など、主に日本海側の雪の多い地方で昔から作られてきた保存食です。乾燥した大豆は固く、調理するのに時間がかかりますが、打ち豆はつぶしてあるので煮えやすくなっています。また、長く保存できるので、食べ物が少なくなる冬の貴重な栄養源でした。今日の給食の打ち豆は、村上産の青大豆を使い、農家の方が手作りしてくれたものです。郷土の味を味わっていただきましょう。

2月17日(金) 食育クイズ

今日の献立は、野菜ラーメン、カントリーサラダ、チャーシュー、くだもの、牛乳です。
「朝は金、昼は銀、夜は銅」と言われている食べ物があります。
この言葉には、朝食べることが体にとって一番良いという意味がこめられています。その食べ物とは、何でしょう?
①肉  ②くだもの  ③野菜
正解は、②くだものです。
くだものには糖分やビタミンが多く、1日の活動をスタートする、朝にピッタリの食べ物です。
新潟県では、「果物を1日1個食べよう」という運動が進められています。みなさんも、栄養たっぷりのくだものを毎日食べられるといいですね。
 

2月16日(木) 食育クイズ

今日の献立は、ごはん、カリコリサラダ、揚げ出し豆腐の肉みそがけ、白菜と里芋のみそ汁、牛乳です。
今日のみそ汁には「えのきたけ」が入っています。
どうして「えのきたけ」という名前がついたのでしょう?
①えのきさんが発見したきのこだから
②えのき地方の特産品だから
③えのきという木に生えるから
正解は、③「エノキという木に生えるから」です。自然に生える「えのきたけ」は、茶色い色をしていて粘りがあります。でも、お店に売られている「えのきたけ」のほとんどは、栽培されたもので、日光に当てずに育てるので、白い色をしています。新潟はきのこ王国で、たくさんのきのこが栽培されています。今日の「えのきたけ」は、村上市で栽培されたものです。

2月15日(水) 食育クイズ

今日の献立は、ごはん、チーズポテト、ローストチキン、こまつなのスープ、牛乳です。
じゃがいもには別の名前があります。何という名前でしょう。
①よいしょ  ②こらしょ  ③ばれいしょ
正解は、③馬鈴薯です。
じゃがいもの形が、馬につける鈴に似ていることから「馬鈴薯」と呼ばれるようになったそうです。
じゃがいもは、熱や力のもとになる黄色のグループの食べ物ですが。さらに、風邪などの病気を予防してくれるビタミンCもたっぷりあります。今日の給食をしっかり食べましょう。

2月14日(火) 今日はバレンタインデー

今日の献立は、カレーライス、フルーツジュレ、かいそうサラダ、牛乳です。
今日はバレンタインデーですね。そこで今日は調理員さんから皆さんへほんの少しプレゼントです。カレーの中にハート型のにんじんが入っています。入っていた人は、ラッキー!!今日、もしかしたら何か良いことがあるかもしれませんね。 
バレンタインデーといえばチョコレートを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、ヨーロッパでは花束やメッセージカードを贈るそうです。

2月13日(月) わかさぎ

今日の献立は、ごはん、いそかあえ、わかさぎのかりん揚げ、おでん、牛乳です。
今日はわかさぎのかりん揚げを食べます。わかさぎは川や湖に住む小さな魚で、大きい物でも10センチメートル位しかありません。冬が旬の魚で、厚い氷の張った湖に丸い穴を開けてわかさぎ釣りを楽しむこともできます。わかさぎのかりん揚げは頭から丸ごとよくかんで食べましょう。骨まで丸ごと食べられる小魚は、骨や歯を丈夫にするカルシウムがたっぷりとれます。

2月10日(金) 大豆は大事!

今日の献立は、ごはん、錦糸卵のあえもの、鉄火みそ、キムチ肉じゃが、牛乳です。今日の「鉄火みそ」には、村上産の青大豆が使われています。ごはんにのせて食べましょう。ところで、大豆を漢字で書くと、大きい豆と書きます。でも「花豆」や「きんとき豆」など、大豆より大きい豆は他にもあります。では、どうして大きい豆と書くのでしょう?
実は、大豆の大きいという字には「大切」という意味がこめられているからと言われています。豆の中でも、特別に大切とされた理由は、
①「畑の肉」と言われるほど、体をつくるもとになるたんぱく質が多い。
②体の調子を整える、ビタミンやミネラル、食物繊維が多い。
③豆腐やみそ、しょうゆ、納豆、油揚げなどの色々な食べ物にして食べることができる。
「大豆は大事!」みなさんも、今日の給食で大豆パワーをいただきましょう。

2月 9日(木) 韓国料理を食べよう

今日の献立は、セルフビビンバ、エビボールスープ、牛乳です。
今日の給食で食べる「ビビンバ」は、韓国料理です。ごはんの上に、ぶたにくとぜんまいの炒め物、ナムル、錦糸卵をのせ、ごはんと具をスプーンで混ぜ合わせて食べます。
韓国では、銀色の金属製でできたおはしとスプーンを使って食事をします。また、日本とは反対にお茶碗を持たずに食事をするのがマナーです。それは、食器も金属性のものを使うため、ご飯や汁物が入った金属の食器は熱くて持てないからだと考えられます。このように食事のマナーは効率よくおいしく食べるために考えられているのです。

2月 8日(水) 寒さに負けない丈夫な体を作ろう 2

今日の献立は、いちごロールパン、ビーフシチュー、コールスローサラダ、チーズオムレツ、牛乳です。
風邪やインフルエンザなどの病気は、体の中に風邪やインフルエンザのバイ菌が入ってくることで起こる病気です。それらのバイ菌が体の中に入ってこないようにするため大事なことが2つあります。
①外から帰ってきたときや、食事の前には手を洗うこと。手に付いたバイ菌を、手洗いで落としましょう。
②栄養をしっかりとること。風邪やインフルエンザのバイ菌は鼻やのどから入ってきます。栄養をしっかりとることで、鼻やのどが丈夫になり、バイ菌が入ってこなくなります。特に、色の濃い野菜をしっかり食べると効果的です。
(色の濃い野菜・・・ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、人参、ピーマンなど)

2月 7日(火) 旬の魚「たら」

今日の献立は、ごはん、花野菜のごまじょうゆ、まだらのフライ、こんにゃく豚汁、ヨーグルト、牛乳です。
今日の給食で食べる魚は「まだら」です。「まだら」は、焼き魚やムニエル、汁ものや鍋物にして食べられますが、今日の給食では、調理員さんの手作りのフライで食べます。 
さて、食育クイズです。「たら」の漢字は、どれが正しいでしょう。
① 「鮟」・・・魚へんに、安い。   ② 「鱩」・・・魚へんに、雷。
③ 「鱈」・・・魚へんに、雪。
正解は、③「鱈」です。まだらは、冬が旬で、雪の降る今が一番おいしい時期の魚です。旬の食べ物を味わっていただきましょう。 

2月 6日(月) 寒さに負けない丈夫な体をつくろう 1

今日の献立は、ごはん、カラフルソテー、鳥肉のカレー煮、冬野菜のみそ汁、牛乳です。
今月の給食のめあては「寒さに負けない丈夫な体をつくろう」です。まだまだ寒い日が続きますが、寒さに負けない丈夫な体をつくり元気に過ごしましょう。寒さに負けない丈夫な体をつくるためにも朝ごはんが大切です。特に主菜となる、肉、魚、卵、大豆のおかずを食べると体温が上がり、体が温まってきます。今日の給食で主菜は「鳥肉のカレー煮」です。体が温まると、病気の菌やウィルスが体に入ってくるのを防いでくれるので、病気の予防にもなります。朝ごはんをしっかり食べて、体を中から温めて元気に登校してきましょう!

2月 3日(金) 節分

今日の献立は、おおむぎめん、大豆といわしのあめがらめ、かくたまかけ汁、はくさいのおかかあえ、牛乳です。
節分には季節の分かれ目という意味があり、春を意味する立春の前の日を節分といいます。季節の分かれ目には、悪い鬼が入ってくるという言い伝えから、節分には豆をまいて悪い鬼を追い払ったり、年の数だけ豆を食べて1年の健康を願ったりする風習があります。また臭いの強いいわしには魔除けの力があると言われており、節分にいわしの頭を飾ったり、食べたりする地方もあります。
今日は、節分にちなんで、「大豆とこいわしのごまがらめ」を給食で食べます。残さず食べて、悪い鬼を追い払い元気に過ごしましょう!!

2月 2日(木) 給食に毎日でるものと言えば?

今日の献立は、シーフードドリア、くだもの、みそドレッシング、牛乳です。
給食にほぼ毎日でているものと言えば何でしょう?
正解は「牛乳」です。牛乳には骨の成長に必要なカルシウムがたくさんふくまれています。カルシウムが足りないと骨からカルシウムが溶け出し、将来スカスカの折れやすい骨になってしまうかもしれません。そうならないためには、小学生の今のうちからカルシウムを骨にためておく必要があります。骨にカルシウムをためておくことができるのはだいたい20代ごろまでです。ということは大人になってからでは遅いのです。今日の給食では、牛乳だけでなく、牛乳がたっぷり使われている、シーフードドリアを給食で食べます。今のうちから牛乳や乳製品からカルシウムをとって太くて丈夫な骨をつくりましょう。

2月 1日(水) 鮭のちゃんちゃん焼き

今日の献立はごはん、ひじきと大豆のいりに、鮭のちゃんちゃん焼き、なめこ汁、牛乳です。
今日の給食では、鮭のちゃんちゃん焼きを食べます。鮭のちゃんちゃん焼きは、どこかの郷土料理ですが、どこの都道府県でしょう?
①青森県  ②新潟県(村上市)  ③北海道   ④山形県   ⑤長野県
正解は③の北海道です。「ちゃんちゃん焼き」は、魚に野菜をたくさんのせて、味噌味で焼いて食べる料理です。家庭では、魚の半身を切らずにホットプレートにのせて作ります。もともとは、鮭の漁師さんが、仕事の合間に手早く豪快に作って食べたのが始まりです。

1月31日(火) 食べ物のなぞなぞ 

今日の献立は、ごはん、もやしのナムル、鳥肉のカレーからあげ、わかめとあさりのみそ汁、牛乳です。今日の給食も、食事のマナーを守って、友達と楽しくいただきましょう。今日は、食べ物なぞなぞです。友達と、楽しく考えましょう。
第1問  八百屋さんがトラックにかぼちゃ、ピーマン、トマト、かぶ、みかんを積んで道路を走っていました。すると、急カーブであるものが落ちました。それはなあに?
     正解  かぶ(カーブ)
第2問  値札がついていない食べ物はなあに?
     正解  イクラ
第3問  お茶はお茶でも八百屋にあるお茶はなあに? 
     正解  かぼちゃ

1月30日(月) 厚揚げ

今日の献立は、ごはん、ちりめんじゃこのあえもの、コーンしゅうまい、マーボー厚揚げ、牛乳です。
今日の給食では厚揚げが入った「マーボー厚揚げ」を食べます。厚揚げは、豆腐の水気をきって、油で揚げて作られます。油で揚げると、表面はこんがりきつね色になりますが、中は豆腐のままなので「生揚げ」ともいいます。また、豆腐を薄く切って揚げると、薄揚げになります。
厚揚げには、栄養がたっぷりあります。体をつくるもとになるたんぱく質や、丈夫な骨をつくるカルシウム、血をつくるもとになる鉄分は豆腐の3倍もあります。たんぱく質やカルシウム、鉄分は、成長期に大切な栄養素です。今日の給食もしっかりいただきましょう。
 

1月27日(金) 熊本県の料理を食べよう!

今日の献立はびりんめし、辛子みそマヨネーズ和え、せんだご汁、ばんかんゼリー、牛乳です。
熊本県には、日本三名城のひとつ「熊本城」があります。熊本城の中にはいくつもの井戸が掘られ、今でも17の井戸が残っています。これは、城に立てこもることになっても、水を確保できるようにと考えられたものです。
今日の給食では、熊本県の料理を食べます。びりんめしは、宇城市に伝わる混ぜごはんです。しぼり豆腐を油で炒めるときの音が「びりんびりん」と聞こえることが、名前の由来になっています。れんこんの辛子みそマヨネーズ和えは、お正月の熊本の代表料理「からしれんこん」を給食風にアレンジしたものです。せんだご汁は、さつまいもやじゃがいもをだんごにし、汁の具にした熊本県の郷土料理です。熊本は、米の生産量が少なかったため、昔からさつまいもを様々な料理に使ってきました。河内晩柑とは、熊本市河内町で発見された果物です。見た目はグレープフルーツに似ています。

1月26日(木) 愛媛県の料理を食べよう!

今日の献立はたこめし、ひじきのサラダ、じゃこ天、いもたき、みかん、牛乳です。愛媛県には、今から四百年以上前に建てられた「松山城」があります。お城の屋根の南側には「天丸」、北側には「まつ姫」というしゃちほこが載せられ、松山の街を見守っています。
今日の給食では、愛媛県の料理を食べます。たこめしは、愛媛県の郷土料理です。愛媛県の海はたこの餌が豊富で、潮の流れが速いので、身のしまったいいたこがたくさんとれます。じゃこ天は、小魚の骨や皮ごとすりつぶしたかまぼこです。愛媛県ではカレーの中にもじゃこ天を入れることもあるそうです。いもたきは、秋に月見をしながら、河川敷などで「いも」を「炊き」大勢で食べる郷土料理です。発祥の地、大洲市では300年の歴史があります。

1月25日(水) 兵庫県の料理を食べよう!

今日の献立は、かつめし、やさいのカレーボイル、ばち汁、牛乳です。
兵庫県には有名な姫路城があります。姫路城は、今から四百年以上前に、豊臣秀吉が天守を建てました。そして、1993年には、日本初の世界文化遺産となりました。
今日の給食では、兵庫県の料理を食べます。かつめしは、姫路市のとなりにある加古川市の料理です。今から50年ほど前に、日本で洋食が流行りだした頃、箸で食べられる洋食として、加古川のレストランで考案されたのが始まりです。お皿にごはんをよそって、上にカツをのせ、デミグラスソースをかけ、付け合わせにゆでたキャベツを添えるのが、かつめしの基本スタイルです。また、姫路市は「揖保の糸」で知られる手延べそうめんの一大産地です。そうめんは、細く伸ばす時に、竹竿にすだれのようにかけて伸ばしますが、その時、三味線のばちの形に似た切れ端ができます。この「ばち」を使った汁が、ばち汁です。

1月24日(火) 村上市の料理を食べよう!

今日の献立はごはん、しらゆきあえ、さけのやきづけ、にたてもちじる、牛乳です。皆さんがよく知っているお城山には今から約500年前に「村上城」がありました。そして、村上城の周りには、お城の家来や町人が生活をしていました。お城山は臥牛山というのが正式な名称です。これは山の姿が、牛が横たわっているように見えることからついた名称と言われています。
今日の給食では、村上市の料理を食べます。鮭の焼き漬けは、焼いた鮭を熱いうちにしょうゆだれに漬け、味をしみこませたものです。「鮭のまち村上」。村上では、長い歴史の中で、鮭を頭から尻尾まで余すところなくおいしく食べつくす様々な料理を生み出してきました。また、にたてもちは、山北地区で古くから伝わる食べ物です。昔、木を切るために、山ごもりした人たちが、固くなったごはんをもう一度炊いて、棒でついて、つぶして食べたのが、にたてもちの始まりです。

1月23日(月) 今週は給食週間です!

今日の献立は、ごはん、ツナごまサラダ、いかげそメンチ、けの汁、牛乳です。
今週は学校給食週間です。今年の献立のテーマは「日本全国☆城めぐりの旅」です。有名なお城がある県の郷土料理や名物料理、特産の食材を給食で味わいます。青森県には弘前城という有名なお城があります。今から400年以上前に建てられ、今もその姿のまま残っています。
今日の給食では、青森県の料理を食べます。青森県は、イカの漁獲量が全国第2位です。いかげそメンチは、弘前市でよく食べられている料理で、いかの足(げそ)、野菜、小麦粉を混ぜて、油で揚げた料理です。地元では弘前訛りで「いがげそメンチ」と言います。また、けの汁とは、「粥の汁」が訛った物です。昔、米が貴重だった頃、山菜や野菜を米に見立てて、細かく刻んで食べたのが始まりということです。津軽地方の冬の代表的な郷土料理です。

1月20日(金) 給食クイズ

今日の献立は、こめこめん、のりごまポテト、だいずのカミカミサラダ、ミートソース、ミルメーク、牛乳です。
来週から学校給食週間が始まります。給食週間は給食のことを詳しく知ったり、給食でお世話になっている人に感謝したりする1週間です。そこで今日は「給食クイズ」にチャレンジしましょう。
Q1 日本で初めて学校給食が始まったのは新潟県である。○か×か。
 正解は×です。山形県の忠愛小学校というところで始まったと言われています。
Q2 日本で初めて学校給食が始まったのは何年前でしょう?
 ①128年前    ②57年前    ③37年前
 正解は①の128年前です。128年前に山形県の忠愛小学校で、貧しい子どもたちのために無料で食事がふるまわれたのが学校給食の始まりと言われています。そのときの給食はおむすびに、塩鮭、漬け物だけという簡単なものでしたが、満足にご飯を食べられなかった当時の子どもたちにとっては大変なごちそうでした。

1月19日(木) ふぶきじる

今日の献立はなめし、ゆずのかおりあえ、くるまぶのあげに、ふぶき汁、牛乳です。
たくさんの雪が風で空中を舞う現象を吹雪といいます。今日の給食のふぶき汁は、豆腐を細かくくずしたものを入れて、雪が舞う様子を表わした料理です。豆腐がたっぷり入り、汁にもとろみがあるので、寒い日に食べると体がポカポカ温まります。豆腐には、体を作るもととなり、体を温める効果のあるたんぱく質が多い食べ物です。

1月18日(水) 旬のものを食べよう

今日の献立は、アップルパン、ふゆやさいのポトフ、アーモンドサラダ、ほうれん草のキッシュ、牛乳です。
今日の給食の中で冬が旬の食べ物を見つけましょう。正解は、ほうれん草、ブロッコリー、大根、白菜です。今日は白菜について紹介します。白菜の旬は冬と言いましたが、スーパーでは1年中 売られていますね。その中でも1玉の重さが1番重く、1番おいしいのが冬の白菜です。寒くなるほど、甘みが増しておいしくなるからです。
しかし、育った白菜を寒い畑に放っておくと、霜にあたって白菜の葉がほどけてしまうので、農家の方は1玉1玉、外の葉を寄せてひもで束ねるそうです。こうすることで甘みも増します。今日使われている白菜は村上産のものです。旬の白菜をおいしくいただきましょう。

1月17日(火) きりざい

今日の献立はごはん、ぎすのすりみ汁、ヤーコンのきんぴら、きりざい、ぽんかん、牛乳です。
きりざいとは、新潟県の魚沼地方で食べられている郷土料理です。「きり」は切ること、「ざい」とは野菜の「菜」のことを表していて、野菜を細かく切って混ぜ合わせるという意味です。肉や魚があまり食べられなかった時代に、たんぱく質の豊富な納豆をできるだけ大事に食べるために、野菜や漬け物を細かく刻んで入れ、量を増やしていました。昔納豆はごちそうだったのです。今日の給食では納豆や野菜の他に、細かく刻んだチーズも入っていて、カルシウムがたっぷりとれるようになっています。ごはんにのせて、いただきましょう。

1月16日(月) 配膳の時には、マスクをつけよう

今日の献立はごはん、かきたま汁、はりはりづけ、さばのごまみそやき、牛乳です。
給食の配膳をするときには、給食当番だけではなく、クラスの全員がマスクをつけます。
これは、みんなで食べる給食にツバなどがかからないようにするためです。おしゃべりをすると、気が付かないうちにツバが飛ぶことがあります。普通におしゃべりしていても、ツバは1メートル飛ぶといわれています。さらにせきをすると3メートル、くしゃみをするとツバが5メートル以上も飛びます。これから、風邪やインフルエンザにかかる人がでてきます。みんなで食べる給食を清潔に配膳できるように毎日マスクを忘れないようにしましょう。

 

1月13日(金) 寒さに負けない丈夫な体をつくろう

今日の献立は、カレーライス、ブロッコリーとツナサラダ、ルレクチェのヨーグルトソースがけ、牛乳です。
毎日、寒い日が続いています。今日は、風邪やインフルエンザにならずに健康で過ごすための合言葉を紹介します。「うまくきたえて」で覚えましょう。
う:うがい
ま:マスクをつける
く:空気の入れ換えをする
き:規則正しい生活をする
た:体力をつける(運動をする)
え:栄養バランスの良い食事をする
て:手洗い
「うまくきたえて」健康で元気に過ごしましょう。

1月12日(木) しっかり手洗いをしよう

今日の献立は、ごはん、大根と厚揚げの味噌汁、豚肉のアップルソース、バリバリポテトサラダ、牛乳です。
3学期も給食のきまりを守って、楽しくおいしい給食の時間にしましょう。特に、3学期はインフルエンザやノロウィルスが流行します。石けんをつけて、しっかり手洗いをしてから、給食の準備をしましょう。
ところで、バイ菌のいないきれいな手にするためには、どれ位の時間をかけて手洗いをするとよい思いますか?
①約5秒  ②約15秒  ③約30秒
正解は③30秒です。童謡「ウサギとカメ」を2回歌うと、だいたい30秒になります。寒くなると、水が冷たくて手洗いも簡単にすませてしまいがちですが、インフルエンザやノロウィルスを予防するためにも、石けんをつけて、ていねいに手洗いをしましょう。

1月11日(水) 和食給食

今日の献立は、ごはん、雑煮、鮭の揚げ出し、ほうれん草とうち豆のおひたし、牛乳です。
3学期最初の給食は「和食給食」です。村上市小町にある「割烹新多久」の料理人、山貝真介様と山貝亮太様が、みなさんに和食の良さを知ってもらい、和食をもっと好きになってほしいと、考えてくれた特別メニューです。
メッセージが届いているので紹介します。「みなさん、初めまして、割烹新多久の山貝真介と山貝亮太です。本日は、新年第1回目の給食ということで、お雑煮などを入れた和食給食を考えてみました。村上のお正月と言えば、みなさん塩引きを食べると思いますが、今回は生の鮭を使った、白いごはんに合う献立にしてみました。お雑煮は、7つの食材を入れ縁起を担ぎました。おひたしは、冬においしくなったほうれん草と、みなさんの好きな打ち豆のおひたしにしました。どの献立も、鰹と昆布で引いた、おいしいだし汁で作っています。この機会に、今よりもっと和食を好きになってもらえたらうれしいです。」



ナビゲーション

information

村上市立村上小学校

〒958-0837
新潟県村上市三之町2-41
TEL.0254-53-2249
FAX.0254-53-2250

今月の献立表