本文へスキップ

食育で子どもの成長を見守ります。村上市立村上小学校

電話でのお問い合わせはTEL.0254-53-2249

〒958-0837 新潟県村上市三之町2-41

給食LUNCH

3月16日(水)4つの「食べる」

 今日のメニューは,むぎごはん,カツカレー,福神漬け和え,お祝いいちごゼリー,牛乳です。
 今日で1年間の給食が終わりとなります。これから皆さんが進級や進学することをお祝いして,今日は特別に「かつ」カレーです。最後の給食を,楽しくおいしくいただきましょう。
皆さんはこの1年間,給食の時間や授業で,食べ物に関わるたくさんのことについて勉強してきました。給食で苦手な食べ物が出ても,自分自身の健康のことを考えて,少しでも食べることができるようになったでしょうか?今日は,みなさんに,4つの「食べる」について紹介します。
 ①「お腹で食べる」 とりあえず,お腹でいっぱいになればよいという食べ方です。
 ②「口で食べる」  自分の好きなもの,好きな味だけ選んで食べる食べ方です。
 ③「頭で食べる」  今まで勉強してきたた食べ物の栄養の大切さを,よく考えながら食べる食べ方です。
 ④「心で食べる」  食べ物には命があり,私たちは食べ物の命をもらって活きていることやまた,食事を作ってくれる人の苦労や思いなどを考えながら食べる食べ方です。
 みなさんは,「お腹」や「口」だけでなく,「頭」や「心」でも食べることができますか。

3月15日(火)集まれ!のっぺの仲間たち 今月は「大海」です。

 今日のメニューは,ごはん,大海,ぶりの照り焼き,のり酢和え,牛乳です。
 毎月19日は食育の日です。今月は少し早いですが,今日が食育の日の献立です。今年は1年かけて新潟県の各地方に伝わる郷土料理の「のっぺ(い)」を紹介してきました。いかがでしたか?一口に「のっぺ」と言っても,新潟県は南北に長く,各地方で切り方や入る材料など様々で,いろいろなのっぺがありましたね。また,家庭によっても入る材料や切り方が違って,それもまた代々と伝わる郷土料理の良さの1つでもありますね。最後は村上の大海で締めくくります。村上の味をおいしくいただきましょう。
 また,今日は6年生の卒業をお祝いして,ぶりの照り焼きです。ぶりは「出世魚」といって,成長とともに呼び名が変わる魚です。もじゃこ→わかし→いなだ→わらさ→ぶりという風に変わります。6年生も小学校を卒業して立派に成長できるようにという願いを込めています。6年生にお祝いの気持ちをこめ
ておいしくいただきましょう。

3月14日(月)1年間の振り返りをしよう⑨

 今日のメニューは,キムチチャーハン,中華風コーンスープ,鶏肉の唐揚げ,海藻サラダ,牛乳です。
 今日は給食だけでなく,おやつについてもふり返ってみましょう。おやつは食べる時間と量を決めて食べられましたか?おやつには2つの役割があります。1つ目は体の栄養です。小さい頃は朝,昼,晩の3回の食事で食べられる量が少ないので,足りない栄養をおやつで補います。2つ目は心の栄養です。皆さんが楽しみにしているおやつを食べると心も体の元気になりますね。体と心の栄養のために,食べる時間と量を決めて食べるようにしましょう。
 今月は食事について1年間の振り返りをしました。この1年間でできるようになったことがたくさんあったと思います。できなかったことは,これからチャレンジしていきましょう。

3月11日(金)1年間の振り返りをしよう⑧

 今日のメニューは,ごはん,マカロニスープ,大豆とひじきのチーズ焼き,野菜と海苔のバター醤油,牛乳です。
 感謝の気持ちをもって食事をすることができましたか?何に感謝の気持ちを表しますか?毎日食べているお肉や野菜も,もともとは命です。食べ物に感謝の気持ちをもっていただきましょう。また,給食を作ってくださる調理員さんや農家の方など,私たちがご飯を食べるまでには多くの方の苦労があるおかげで食べられています。食べ物だけでなく,たくさんの人に感謝の気持ちを表しましょう。
 感謝の気持ちを表すために「いただきます」や「ごちそうさま」のあいさつをきちんとすること,残さずに食べること,また,後片付けをきちんとすることなどで感謝の気持ちを表すことができます。お箸の向きをそろえたり,紙カップをきれいに重ねて返してくれると調理員さんに感謝の気持ちが伝わります。

3月10日(木)1年間の振り返りをしよう⑦

 今日のメニューは,大豆わかめごはん,豚汁,ししゃものお好み揚げ,みそドレッシングサラダ,牛乳です。
 旬の食べ物や行事食を楽しめましたか?「旬」とは,1年の中で1番美味しい時期のことを言います。3月は暦の上では「春」ですが,まだまだ寒い日もありますね。今日の給食にも使われている小松菜やほうれん草は冬が旬の野菜で,今頃もおいしく食べられますが,スーパーなどのお店では菜の花,ふきのとうなど春を感じる食べ物も並ぶようになってきます。食べ物でも春見つけをしてみましょう。
 また3月の行事食には3月3日のひな祭り献立がありました。旬の食べ物や行事食で季節を感じたり,その行事に込められた願いなどを,食べ物を通して知ったりしました。毎日の食事で旬の食べ物を見つけたり,行事食を楽しんだりしましょう。

3月9日(水)1年間の振り返りをしよう⑥

 今日のメニューは,コッペパン,ビーフシチュー,せとか,ビーンズサラダ,りんごジャム,牛乳です。
 今日は給食だけでなく,朝食についてふり返ってみましょう。朝ごはんは毎日食べて登校してきましたか?朝ごはんはパワーの源です。勉強するための頭のエネルギー源は,約12時間分しか蓄えがありません。夜7時に夕飯を食べたとすると,朝7時には皆さんの脳はエネルギー切れになってしまいます。そこで朝ごはんを食べてエネルギーを補給する必要があります。勉強に集中するためにも,朝ごはんを食べて登校しましょう。




3月8日(火)1年間の振り返りをしよう⑤

 今日のメニューは,ごはん,おでん,さばのみそ煮,ほうれん草サラダ,牛乳です。
 栄養バランスを考え,好き嫌いなく食べることができましたか?食べ物は赤,黄,緑の3つのグループに分けられ,それぞれのグループには異なる働きがあるので,全部のグループの食べ物を食べることが大切だと学んできましたね。
 今日の給食に使われている赤グループの食べ物を言ってみましょう赤のグループの食べ物は,血や肉となって皆さんの体を作ります。
 では,今日の給食に使われている緑のグループの食べ物を言ってみましょう。緑のグループの食べものは体の調子を整えたり,病気を防いだりします。
 では,今日の給食に使われている黄色のグループの食べ物を言ってみましょう。黄色のグループの食べ物は体温を上げたり力のもとになったりします。好き嫌いせずなんでもおいしくいただきましょう。

3月7日(月)1年間の振り返りをしよう④

 今日のメニューは,ごはん,マーボー豆腐,コーンしゅうまい,茎わかめのきんぴら,牛乳です。
 今日は噛むことについてです。皆さんはよく噛んで食べていますか?よく噛んで食べていると,たくさん出てくるものがありますが,分かりますか?正解は「だ液」です。実は噛めば噛むほど出てくる,このだ液には,すごいパワーが隠れています。合言葉は「だ・え・き」です。
 「だ」,「だんだんいい味してくるよ」食べ物は,だ液と混ざることで,おいしさが引き出されます。
 「え」,「栄養しっかりとれるよ」だ液は,栄養の吸収を助けます。
 「き」,「今日も元気に過ごせるよ」だ液には,虫歯予防や,病気のばい菌をやっつける効果もあります。 よく噛んで食べるようにしましょう。

3月4日(金)1年間の振り返りをしよう③

 今日のメニューは,ソフト麺,かき玉汁,こんこんチップス,カラフルゼリー和え,牛乳です。
 1年間の振り返りをしよう!パート3です。正しい箸の持ち方で食事をすることができましたか?お箸の持ち方はくせが付いてしまうと,正しい箸の持ち方に直すのがなかなか難しいです。だから小学生の今のうちに正しい箸の持ち方で食事ができると大人になっても恥ずかしくありません。食事の度に正しい箸の持ち方の練習をすれば,1日に3回チャンスがあります。正しい箸の持ち方で食べるようにしましょう。



3月3日(木)ひなまつり

 今日のメニューは,ちらしずし,すまし汁,鱒の塩焼き,切り干し大根のマヨネーズ和え,三色はなゼリー,牛乳です。
 今日は「ひなまつり」献立です。ひなまつりは,女の子の成長や幸せを願う行事で「桃の節句」ともいいます。元々は,草や紙で作った人形で体をなでて災いを移し,それを川や海に流してお祓いをしたのが始まりです。
 女の子のいる家では,ひな人形を飾り,桃の花やひなあられ,ひしもちまどをお供えします。ひしもちは,緑・白・ピンクの3つの色のお餅を重ねたものです。緑は若草,白は雪,ピンクは桃の花で,春が訪れる頃の景色を表しています。今日はその3色を使ったゼリーです。


3月2日(水)1年間の振り返りをしよう②

 今日のメニューは,ごはん,岩船ふのみそ汁,エビ天,かぼちゃ天,はるさめの炒め物,牛乳です。
 1年間の振り返りをしよう!パート2です。食器を正しく置いていますか?ご飯茶碗は左側,お汁のおわんは右側,おかずのお皿は奥に,そしてお箸の向きは箸先(食べ物を掴む方)が左になるように置きます。
 また,お茶碗やお皿を持って食べていますか?ついつい肘をついて食べたり,お皿を持たずに食べたりすることはありませんか?食器を正しく置いたり,お皿を持って食べたりすることは食事のマナーの1つです。マナーを守って楽しい給食時間にしましょう。


3月1日(火)1年間の振り返りをしよう①

 今日のメニューは,チキンライス,しめじとほたてのドリア,かんぺい,ブロッコリーポテト,牛乳です。
 3月は締めくくりの大事な時期です。食事についても1年間の振り返りをしましょう。
 給食のきまりを守って,友だちと協力し合い楽しい給食時間にできましたか?楽しい給食時間にするために,給食のきまりには次のようなことがありました。給食が始まる前は石けんを使ってきちんと手洗いをすること,また,給食当番はマスクや帽子,白衣などの身支度を整えてすること,後片付けでは箸の向きをきちんとそろえたり,お皿やお盆の上にごみが残っていることのないようにきちんと分別して捨てたりすることなど,様々なきまりがありました。皆さん,きまりは守れましたか?

2月29日(月)八宝菜とは?

 今日のメニューは,ごはん,八宝菜,餃子,ちりめんじゃこの和え物,牛乳です。
 八宝菜は,中華料理です。漢字では,数字の「八」,宝物の「宝」,野菜の「菜」と書いて「八宝菜」と読みます。
 では,食育クイズです。八宝菜の「八」には,どんな意味があるのでしょう?
  ①八種類の野菜が入る。  ②8人で分けて食べる。  ③たくさんの種類の材料が入る。
 正解は③です。八宝菜の「八」には,8つに限らずたくさんの種類が使われているという意味があります。今日の給食の八宝菜には,豚肉・いか・うずらの卵・にんじん・白菜・玉ねぎ・筍。キヌサヤ・しいたけ・きくらげ・にんにく・しょうがの12種類の材料が使われています。

2月26日(金)新潟県産フルーツ「ル・レクチェ」

 今日のメニューは,卵カレーライス,ひじきサラダ,ルレクチェのヨーグルトがけ,牛乳です。

 梨は、大きく分けると丸い形をした「日本梨」と、細長い形をした「西洋梨」があります。
 今日の給食で食べる「ルレクチェ」は、西洋梨の仲間で、新潟県の特産品のひとつとなっています。
 ルレクチェは、今から約100年前にフランスから新潟県に伝えられた果物です。新潟県はルレクチェの故郷であるフランスと気候がとてもよく似ていることから、新潟県での栽培が始まりました。色々な種類がある西洋梨の中でもルレクチェは特に香りがよく、なめらかでおいしいと言われています。今日は、シロップで煮たルレクチェにヨーグルトをかけていただきます。新潟の特産品を味わっていただきましょう。

2月25日(木)大豆の変身!②

 今日のメニューは,ご飯,青菜のみそ汁,鶏肉のマヨネーズ焼き,ジャガイモのきんぴら,牛乳です。

 今日の給食の中で大豆から作られている食べ物があります。それは何でしょう?
 正解は、みそ汁とみそマヨネーズ焼きの「みそ」と、みそ汁の「うす揚げ」です。
 「みそ汁一杯三里の力」という昔から伝わる言葉があります。朝ごはんに食べる一杯のみそ汁は、約12キロメートルも歩く力となり、健康な体をつくるパワーのもとになるという意味の言葉です。昔の人はご飯とみそ汁と簡単なおかず1品で食事ををすませることがほとんどでしたが、とてもよく働きました。その秘密は、力のもとになるご飯をしっかり食べていたこととみそ汁だと考えられます。みそは大豆から作られていて、大豆は血や肉になる栄養豊富な食べものだからです。皆さんも残さず食べて、午後も元気に過ごしましょう。

2月24日(水)大豆の変身!①

 今日のメニューは,きなこ揚げパン,ウインナーと根菜のスープ,焼き肉サラダ,果物,牛乳です。

 今日の給食の中で大豆から作られている食べ物があります。それは何でしょう?
 正解は、きなこ揚げパンの「きなこ」です。きなこは、大豆を炒って粉にしたものです。きなこには、黄色い大豆から作られる黄色いきなこと、青大豆から作られる緑色をした「うぐいす粉」があります。おもちや、和菓子などにきなこがつかわれることが多いです。
 大豆から作られる食べ物には、豆腐、油揚げ、みそ、しょうゆなど色々とありますが、その中でもきな粉が一番、大豆の栄養をそのままとることができます。大豆には、体を大きくするために必要なたんぱく質や、体の調子を良くするビタミンや食物繊維、骨を強くするカルシウムなどたくさんの栄養があります。今日の給食で大豆パワーをいただきましょう。
 


2月23日(火)大豆を食べよう!

 今日のメニューは,ご飯,かき玉みそ汁,豚肉と大豆の揚げ煮,切り干し大根の中華和え,牛乳です。

 大豆を漢字で書くと、大きい豆と書きます。でも、「花豆」や「きんとき豆」など、大豆より大きい豆は他にもあります。 では、どうして大きい豆と書くのでしょう?
 実は、大豆の大きいという字には「大切」という意味がこめられているからと言われています。豆の中でも、特別に大切とされた理由は、
①「畑の肉」と言われるほど、体をつくるもとになるたんぱく質が多い。
②体の調子を整える、ビタミンやミネラル、食物繊維が多い。
③長く保存できる。
④豆腐やみそ、しょうゆ、納豆、油揚げなどの色々な食べ物にして食べることができる。
 みなさんも、今日の給食で大豆パワーをいただきましょう。

2月22日(月)にたてもちについて知ろう!

 今日のメニューは,こぎつねご飯,にたてもち汁,ししゃもの米粉焼き,アーモンド白和え,牛乳です。

 今日の給食では、「にたてもち」を食べます。
 「にたてもち」は、村上市山北地区の雷という地域に古くから伝わる「郷土食」です。
 昔、木を切るために山ごもりした人たちが、固くなったごはんをもう一度炊いて、焼いて食べたのが「にたてもち」の始まりです。
 今日の「にたてもち」は、コシヒカリから作られています。もち米から作る「おもち」と違って、長く煮ても伸びたり溶けたりすることがありません。
 最近では、「にたてもち」を「村上まんまスティック」という名称で、村上市の特産品として広くPRされています。

2月19日(金)食べ物なぞなぞ

 今日のメニューは,中華めん,ごまみそスープ,チャーシュー,大豆の昆布和え,のむヨーグルトです。
 今日の給食も,食事のマナーを守って,友だちと楽しくいただきましょう。
 今日は,食べ物なぞなぞです。友だちと楽しく考えましょう。
 第1問 一人分しかなくても9人分ある食事はなあに?             正解 給食(9食)
 第2問 キャベツ,にんじん,きゅうり,ねぎ・・・。さて何歳でしょう?    正解 8歳(やさい)
 第3問 私の周りにあるのは空気。では,きみのまわりにあるものはなあに?
    正解 きみ(黄身)の周りにあるのは,卵の白身


2月18日(木)あつまれのっぺの仲間たち~新潟市北区の長もやしのっぺ~

 今日のメニューは,ごはん,長もやしののっぺ,焼き魚,オータムポエムと豆腐のサラダ,牛乳です。
 今日は1日早い「食育の日」のメニューです。「あつまれのっぺの仲間たち」,今日は新潟市北区で食べられている長もやしののっぺです。長もやしは,大豆を発芽させたもので,茎の長さが25㎝位あります。新潟県の北の地方で食べられているのっぺの仲間には長もやしが入ることが多く,新発田市の「こにもの」,村上市の「大海」にも長もやしが入ります。
 長もやしは,うま味が多く,煮物だけでなく,みそ汁や炒め物の具にしても美味しく食べられます。長もやしは新発田市などで栽培されていますが,冬場しか栽培されていないことが多いので,長もやしの入ったのっぺは主に冬に食べられます。

2月17日(水)朝日豚のカツどん

 今日のメニューは,朝日豚のカツどん,わかめ汁,えのきのおひたし,果物,牛乳です。
 村上市でおいしい肉といえば「村上牛」が有名ですが,村上市には「朝日豚」という,おいしい豚肉もあります。
 朝日豚は,朝日地区の養豚農家の方々が中心となって生産しています。質の高い水と,特別な餌で育てられた朝日豚は,肉の臭み,やわらかいのが特徴です。今日は,朝日豚をトンカツにして甘辛いタレにからめた「新潟タレカツ丼」にして食べます。
 村上にはおいしい食がたくさんあります。味わっていただきましょう。



2月16日(火)小魚を食べよう

 今日のメニューは,ごはん,とうふのみそ汁,ぎせいどうふ,キャベツの和風サラダ,ちりめんじゃこの佃煮,牛乳です。
 今日は,ちりめんじゃこの佃煮をごはんにかけて食べます。ちりめんじゃこは,いわしの子どもです。塩水で湯がいてから乾燥させ,ちりめんじゃこが作られます。ちりめんじゃこは,魚の頭から尾っぽ,骨も丸ごとおいしく食べられます。魚を丸ごと食べることにより,魚の栄養を捨てることなく全部いただくことができます。「ビタミン」というと野菜を思い浮かべますが,魚もビタミンをたくわえて生きていたので,ビタミンも含まれています。また,小魚は骨まで食べることにより,その骨からカルシウムをとることができます。丸ごとおいしくいただきましょう。

2月15日(月)すき焼き

 今日のメニューは,ごはん,すき焼き,いかのかりんあげ,れんこんサラダ,牛乳です。
 すきやきは,肉と野菜,豆腐などをしょうゆや佐藤などの入った調味料で煮た料理で,日本の代表的な料理のひとつです。
 すきやきが食べられるようになったのは,江戸時代の終わり頃だと言われています。ではどうして「すき焼き」と呼ばれるようになったのでしょう。
 ① 好きなものを入れて食べるから。
 ② 鋤(すき)という道具で作って食べるから。
 ③ すきや村で食べられていたことから。
 正解は②です。鋤(すき)というのは,地面を掘る時などに使う農作業の道具です。柄の折れた鋤(すき)の金属の部分にカモの肉や野菜をのせて焼いて食べていたことから「すき焼き」と呼ばれるようになったそうです。

2月11日(金)今が旬の「葉物野菜」

 今日のメニューは,カレーピラフ,小松菜のスープ,ハートのコロッケ,アーモンドサラダ,デザート,牛乳です。

 今日のスープには小松菜が入っていますが、小松菜などの葉物野菜は冬にとれるものが一番美味しいです。葉物野菜は、冷たい空気にあたると、伸びるのを止め寒さから身を守るために糖分を増やします。そのため、冬の葉物野菜は、夏にとれたものより味がよく、栄養価も高くなります。今日は、今が旬の葉物野菜を紹介します。
 ①小松菜・・・今日のスープにも、入っています。葉が丸いのが特徴です。
         ほうれん草より、カルシウムが多く、栄養たっぷりです。
 ②ほうれん草・・・根の部分が赤いので、「赤根菜」ともよばれます。
 ③しゅんぎく・・・葉がギザギザしています。鍋物やすきやきなどにするとおいしいです。
 ④水菜・・・茎が細く、葉は薄い黄緑色をしています。生のままサラダにしてもシャキシャキとしていておいしく食べられます。

2月10日(水)寒さに負けない丈夫な体をつくろう!

 今日のメニューは,いちごロールパン,コーンポタージュ,ハンバーグのりんごソース,ブロッコリーのクリーミーサラダ,牛乳です。

 今月の給食のめあては、「寒さに負けない丈夫な体をつくろう」です。
 風邪やインフルエンザを予防してくれるのは緑のグループの食べものです。緑のグループの食べものを食べると、のどや鼻の粘膜を強くしてくれます。口や鼻からバイ菌が入ることがありますが、のどや鼻の粘膜が強くなると、バイ菌が入りにくくなります。
 また,もし体の中にバイ菌が入ってきても、簡単に風邪やインフルエンザに負けないように戦う力もつきます。
 さて、今日の給食で緑のグループの食べ物はどれでしょう?
 緑のグループの食べものを食べて病気知らずの丈夫な体をつくりましょう。

2月9日(火)今が旬の「ながも」

 今日のメニューは,ご飯,ながも汁,鶏肉のゴマみそ焼き,カラフル野菜ソテー,果物,牛乳です。

 今日のみそ汁の中には、「ながも」が入っています。
 「ながも」は、海の中に生える海藻で、海に囲まれた佐渡ヶ島では昔から親しまれ、食べられていました。「ながも」を収穫する時期は、2~3月です。その頃には長さが10メートル近くになり、船の上から「ながも」を引き上げるのは大変な作業です。
 新潟の「ながも」は、漁師が選ぶ本当においしい海産物「プライドフィッシュ」のひとつに認定されています。
 「ながも」は、ネバネバとした粘り気があるだけでなく、シャキシャキとした歯ごたえがあるのが特徴です。粘り気にはたくさんの食物繊維があり、お腹の調子を整えたり、血液の流れを良くしてくれたりするのに役立ちます。

2月8日(月)今が旬の「たら」

 今日のメニューは,ご飯,どさん子汁,真鱈のフライ,味噌ドレッシングサラダ,牛乳です。

 今日の、まだらのフライの「まだら」は、岩船港で水揚げされた魚です。
 まだらは、冬が旬で今が一番おいしい時期の魚です。焼き魚やムニエル、汁ものや鍋物にして食べられますが、今日の給食ではフライにして食べます。調理員さんの手作りフライです。
 「まだら」という名前は、皮がまだら模様なことからついたと言われています。その後、「ま」の字が落ちて、「たら」と呼ばれるようになったそうです。
 また、おなかいっぱい食べることを「たらふく」といいますが、漢字にすると「鱈の腹(鱈腹)」という字が当てられます。これは、大食いでお腹のふくれた「たら」の姿に言葉のイメージがぴったりなことから定着した当て字です。
 

2月5日(金)村上市の特産品「やわはだねぎ」

 今日のメニューは,大麦麺,やわはだねぎのカレー南蛮汁,昆布のきんぴら,ル・レクチェゼリー,牛乳です。
 今日のカレー南蛮汁には,村上市の特産品「やわはだねぎ」がたっぷりと入っています。
 村上市はねぎの栽培が盛んです。4月~6月は「春ねぎ」,7月~9月は「夏ねぎ」,10月~3月は「秋冬ねぎ」が栽培されています。特に今時期とれる「秋冬ねぎ」は,秋冬の涼しい気候とねぎの生育に適した湿度により,やわらかく甘く,しっとりとしたツヤのあるねぎになります。そして,この時期にとれるねぎは「やわはだねぎ」のブランドとして県内に出荷されています。今の時期しか味わうことのできない「やわはだねぎ」を,今日はカレー南蛮汁に入れました。大麦麺と一緒に,味わっていただきましょう。

2日4日(木)ハタハタ

 今日のメニューは,ごはん,五目豆腐,ハタハタの薬味ソースがけ,オータムポエムのソテー,牛乳です。
 今日の「ハタハタ」は,岩船港で水揚げされた魚です。ハタハタは冬が旬の魚で,脂がのっておいしくなります。今日は,唐揚げにしてから,給食室特製の薬味ソースがけにしました。よくかんで食べると骨まで食べることができます。
 さて,食育クイズです。ハタハタの漢字は,どれが正しいでしょう。
   ①鱈 ②鱩 ③鱚 
 正解は,②です。ハタハタは冬になる頃,雷が多く鳴る季節に海岸にやってきます。


2月3日(水)2月3日は節分!

 今日のメニューは,ごはん,いわしのつみれ汁,たくあんのごま炒め,ちぐさ焼き,ふくまめ,牛乳です。
 節分には季節の分かれ目という意味があり,春を意味する立春の前の日を節分といいます。季節の分かれ目には,悪い鬼が入ってくるという言い伝えから,節分には豆をまいて悪い鬼を追い払ったり,年の数だけ豆を食べて1年の健康を願ったりする風習があります。また,においの強いいわしには魔除けの力があると言われており,節分にいわしの頭を飾ったり,食べたりする地方もあります。
 今日は,節分にちなんで,いわしのつみれ汁と福豆を給食で食べます。残さず食べて,悪い鬼が入って来ないようにしましょう。


2月2日(火)おっきりこみ

 今日のメニューは,ごはん,おっきりこみ,錦糸卵の和え物,鰆の西京味噌焼き,牛乳です。 
 今日の給食では,群馬県の郷土料理「おっきりこみ」を食べます。群馬県は全国でも有数の小麦の産地です。群馬県では,年間を通して晴れの日が多く,水はけのよい土壌に恵まれています。このような条件が小麦の栽培にぴったりなので,昔から小麦を使って色々な料理が作られ,食べられてきました。「おっきりこみ」もその一つです。
 「おっきりこみ」という呼び方には,「切り込む」という意味があります。旬の野菜やきのこなど身近にある食材をたくさん入れた汁の中に,小麦粉をこねて作った生地を幅広く切り込みながら入れ,煮込んで作られることから「おっきりこみ」という名前が付いたとされています。群馬県内でも地域によって「おっきりこみ」「にぼうとう」「にこみ」などと呼ばれています。

2月1日(月)衛生に気をつけよう

 今日のメニューは,ねぎ鶏丼,大根のみそ汁,オータムポエムのごまマヨ和え,牛乳です。

 2月は寒さが一番厳しく、インフルエンザやノロウィルスによる感染性胃腸炎などが流行する時期です。みなさんも、インフルエンザやノロウィルスに感染しないように、給食でも次の2つのことを守りましょう。
①給食当番の人は、必ず健康チェックを受けましょう。
お腹が痛いとき、具合の悪いときは無理をしないで先生に伝え、給食当番を交替しましょう。
②石けんをつけて、しっかり手洗いをしましょう。
 水だけで簡単に洗っても、目に見えないバイ菌は手に残っています。
 特に、指先・指の間・手首にはバイ菌が残りやすいので、ていねいに手洗いしましょう。

1月29日(金)村上の味をいただこう!

 今日のメニューは,米粉麺,村上牛のミートソース,じゃこサラダ,まんまスティックの抹茶あん,牛乳です。

 給食週間最終日は村上の味をいただきましょう。今日は村上牛を使ったミートソースです。村上牛は全国の肉のコンテストで最高位の名誉賞を受賞した優れた黒毛和牛です。
 また村上は北限のお茶の産地です。他の産地に比べ、太陽が出ている時間が短いため渋みが少なく甘みが際立っています。そのお茶を使った抹茶あんを,村上市でとれたお米から作られた「まんまスティック」にからめていただきます。今日で給食週間は終わりますが、いかがでしたか?いろいろな県の食文化や料理について知ることができましたね。これからも、給食に関わるたくさんの人や食べ物に感謝の気持ちをもって食べましょう。


1月28日(木)福井県の料理を食べよう!

 今日のメニューは,ご飯,打ち豆汁,ソースカツ丼,梅肉和え,牛乳です。

 福井県は仏教の曹洞宗の中心である永平寺があり、宗教の関わりが強くみられます。特に大きな仏教の行事である報恩講(親鸞聖人というお坊さんのご恩に報いる集まり)の時期は、大豆の収穫期と重なるため、打ち豆は精進料理の食材として親しまれてきました。
 また梅の栽培は全国各地で行われていますが、福井梅の産地である若狭町(旧三方町)は約170年の歴史を誇ります。
 ソースカツ丼は大正時代に福井県出身の料理人、高畠増太郎さんが作った料理です。高畠さんはドイツのベルリンで修行をし、日本人向けのウスターソースを作り出しました。今日のソースもウスターソースを使っています。


1月27日(水)石川県の料理を食べよう!

 今日のメニューは,ご飯,いし汁,じぶ煮,蓮根サラダ,牛乳です。

 治部煮は江戸時代から武家のおめでたい日の料理として、また庶民の料理としても広く食べられてきた料理です。小麦粉でとろみのついた肉を野菜と共に治部煮椀と呼ばれるお椀に盛り付ける料理ですが、今日は給食流にアレンジしています。治部煮と言われるのはじぶじぶと煮ていくことからといった説や、岡部治部右衛門が朝鮮から伝えたという説など様々あります。いしる汁の「いしる」とは、イワシやイカの頭や内臓、骨から作った醤油のことです。いしるは骨や内臓を無駄にしない生活の知恵から生まれたものです。そしてれんこんサラダは、石川県の金沢市を中心に栽培されている加賀野菜の1つである加賀れんこんにちなんでいます。

1月26日(火)富山県の料理を食べよう!

 今日のメニューは,ご飯,いとこ煮,ふくらぎのゴマみそ焼き,干しずいきの白和え,牛乳です。

 今日はお隣の富山県の料理を楽しみましょう。ふくらぎとはぶりの子どもの時の呼び方です。ぶりは出世魚と言って大きくなるとともに呼び方が変わる魚です。地域によって呼び名が違い、北陸地方では「こぞくら→ふくらぎ→がんど→ぶり」のように呼び方が変わっていきます。ずいきとは里芋の茎の部分です。富山県では里芋の一種の八つ頭の太くて大きいずいき「赤ずいき」がよく食べられます。
 いとこ煮はごぼう、にんじん、こんにゃく、里芋、かぼちゃ、あずきと固くて煮えにくい材料から順番に「おいおい」と煮ていくことから、「甥と甥」でいとこの関係になりいとこ煮と呼ばれるようになりました。


1月25日(月)今週は学校給食 週間です!!

 今日のメニューは,ご飯,スキー汁,サメフライ,オータムポエムのサラダ,にんじんゼリー,牛乳です。

 今週から学校給食週間です。今年のテーマは「サケリンと行く!北陸新幹線ぶらり味めぐりの旅」です。新潟県で唯一、北陸新幹線が止まるのは上越妙高駅です。今日は上越の料理を楽しみましょう。村上ではサメを食べることはあまりないかもしれませんが、上越ではサメを食べる食文化があります。また日本で初めてオーストラリア人のレルヒさんから新潟にスキーが伝えられた時にふるまわれていたのが「スキー汁」です。スキー汁の材料や切り方にはそれぞれ意味があります。大根、人参はスキー板、つきこんにゃくはスキーをすべった跡のシュプール、豆腐は雪やあられを、ねぎやごぼうはかんじきを表しています。また当時はうさぎの肉を使っていましたが、今は豚肉を使っています。さつまいもが入っているのは、スキー訓練に鹿児島県の軍人が多くいて、さつまいもは鹿児島県でたくさん育てられていたためだと伝えられています。


1月22日(金)給食クイズ③

 今日のメニューは,麦ご飯,カレーライス,ビーンズサラダ,かんぺい,牛乳です。

Q 村上小学校では児童と先生を合わせて約320人分の給食を作っています。その320人分の給食を作ってくれている調理員さんは全員で何人でしょう?
 ①15人  ②10人  ③5人
 正解は③の5人です。たった5人で全校分の給食を作るために、朝は8時過ぎから作業を始め、給食時間が始まる前の11時45分頃には仕上げます。約4時間かけて給食は作られています。また午後からは約1000枚ものお皿と箸、お盆や食缶を洗う作業をしてくれています。とっても大変な作業ですが、皆さんにおいしいと言ってもらえるように毎日給食を作ってくれています。


1月21日(木)村上産の食べ物を食べよう! ~大根~

 今日のメニューは,ご飯,舞茸のみそ汁,ぶりと大根のたつた揚げ,春雨サラダ,牛乳です。

 今日のメニューの「ぶりと大根の竜田揚げ」は野菜ソムリエの木村正晃さんが考えてくれたメニューです。今が旬のぶりと村上産の大根を味わってください。
 今日は大根の紹介をします。大根は代表的なものだけでも200種類もあると言われています。中でも、世界一大きいものは桜島大根で、なんと20kg~30kgにもなります。(小学生低学年~中学年ぐらい)また、世界一長いものは守口大根で、約1mもあり細長い形をしています。このように日本には様々な種類がありますが、外国では大根といえば「ラディッシュ」ぐらいで、種類は少ないそうです。大根は日本の気候や風土に合っていたので、たくさんの種類が作られました。今日の大根は村上産の青首大根という種類です。おいしくいただきましょう。

1月20日(水)給食クイズ②

 今日のメニューは,アップルチップパン,カスタードクリーム,コンソメスープ,タンドリーチキン,海藻サラダ,牛乳です。

Q 学校の給食室に実際ある機械はどちらでしょう?
①温蔵庫(冷蔵庫の反対で、できた料理を温めておくところ) ②食器や器具を消毒する機械
 正解は②の食器や器具を消毒する機械です。食器や器具は洗剤で洗った後、機械で約100度の熱風で60分以上消毒して保管します。給食はこのように衛生にも注意して作られています。また学校には残念ながら温蔵庫はありませんが、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく食べてもらえるように、調理員さんは作ってくれています。


1月19日(火)毎月19日は食育の日 集まれ!のっぺの仲間たち!! 

 今日のメニューは,長岡赤飯,のっぺい,カップ卵焼き,切り干し大根の焼きそば風,牛乳です。

 今月は長岡ののっぺいを紹介します。里芋でとろみがつくので、「濃」の字をあてて「濃ぺい」と呼ぶ地域もあります。里芋のとろみの他に、片栗粉でとろみをつけます。新潟県では地域によっては片栗粉でとろみをつけない地域もあります。また12月の佐渡ののっぺの仲間であるおおびら汁の材料は「そぎ切り」でしたが、今日は「乱切り」の材料が入っています。入る材料や切り方、とろみをつけるかどうかなど地域によって様々なのっぺがあります。
 また今日は長岡の赤飯です。長岡では赤飯というと、一般的に食べられているささげ豆とその煮汁で炊いた赤飯ではなく、今日のような金時豆としょう油で炊いたしょう油おこわのようなものを赤飯と呼んでいます。


1月18日(月)給食クイズ①

 今日のメニューは,ご飯,中華丼の具,コーンしゅうまい,シャキシャキサラダ,牛乳です。

 来週から学校給食週間が始まります。給食週間は、給食のことを詳しく知ったり、給食でお世話になっている人に感謝したりする1週間です。そこで今週は「給食クイズ」にチャレンジします。では今日の給食クイズです。
Q1 日本で初めて学校給食が始まったのは新潟県である。○か×か。
 正解は×です。山形県の忠愛小学校というところで始まったと言われています。
Q2 日本で初めて学校給食が始まったのは何年前でしょう?
①127年前    ②57年前    ③37年前
 正解は①の127年前です。127年前に山形県の忠愛小学校で、貧しい子どもたちのために無料で食事がふるまわれたのが、学校給食の始まりと言われています。そのときの給食はおむすびに、塩鮭、漬け物だけという簡単なものでしたが、満足にご飯を食べられなかった当時の子どもたちにとっては大変なごちそうでした。

1月15日(金)給食クイズ

 今日のメニューは,うどん,和風かけ汁,納豆かき揚げ,のり酢和え,牛乳です。

Q1 今日ののり酢和えに入っている緑色の野菜は何でしょう?
   正解は小松菜です。
 小松菜は色の濃い野菜グループに分けられるので風邪予防にぴったりです。今日の小松菜は村上市でとれた新鮮な小松菜です。おいしく食べて風邪予防をしましょう。



1月14日(木)給食クイズ

 今日のメニューは,ご飯,かぼちゃのみそ汁,鮭のちゃんちゃん焼き,山海サラダ,牛乳です。

 今日の給食に使われている野菜を2つのグループに分けます。①グループは、人参、ピーマン、ほうれん草です。②グループは玉ねぎ、キャベツ、きゅうり、もやしです。
 では問題です。
Q.かぼちゃは①と②のどちらのグループに分けられるでしょうか?
 ヒントは野菜の色です。
 正解は①グループです。野菜は色の濃い野菜とうすい野菜の2つのグループに分けられます。①のグループは色の濃い野菜です。色の濃い野菜のもととなる成分は、のどや鼻の粘膜を強くしてバイ菌の進入を防ぐので、風邪やインフルエンザに負けない丈夫な体をつくります。風邪やインフルエンザが流行りや
すい時期です。野菜を残さず食べて丈夫で元気な体をつくりましょう。

1月13日(水)旬の食べ物を食べよう

 今日のメニューは,ご飯,もずくと卵のスープ,厚揚げとジャガイモのケチャップがらめ,白菜のピリ辛漬け,牛乳です。
 今日の給食の中で冬が旬の食べ物を見つけましょう。(旬とは、1年の中で1番おいしくて、たくさんとれる時期のことをいいます。)正解はほうれん草と白菜です。今日は白菜について紹介します。白菜の旬は冬と言いましたが、スーパーでは1年中売られていますね。その中でも1玉の重さが1番重く、1番おいしいのが冬の白菜です。寒くなるほど、甘みが増しておいしくなるからです。
 しかし、育った白菜を寒い畑に放っておくと、霜にあたって白菜の葉がほどけてしまうので、農家の方は1玉1玉、外の葉を寄せてひもで束ねるそうです。こうすることで甘みも増します。今日使われている白菜は村上産のものです。旬の白菜をおいしくいただきましょう。

1月12日(火)ていねいに手洗いをしよう

 今日のメニューは,ご飯,ワンタンスープ,鶏肉と根菜の甘辛揚げ,こんにゃくサラダ,牛乳です。

 クイズです。一番汚れている手はどれでしょう?
①手を洗う前 ②手をサッと水でぬらしたとき ③水でていねいに洗った後
④石けんで洗った後。
 正解は、②の手をサッと水でぬらしたときです。水で手をぬらすことによって、手のシワにかくれていたバイ菌が、手の表面に浮き出てきて、洗う前よりバイ菌が増えることがあります。寒くなると、水が冷たくて手洗いも簡単にすませてしまいがちですが、インフルエンザやノロウィルスを予防するためにも、石けんをつけて、ていねいに手洗いをしましょう。



1月8日(金)おせち料理

  今日のメニューは,ご飯,豆乳鍋,鮭の松かぜ焼き,和風マカロニサラダ,えちごひめゼリー,牛乳です。

 明けましておめでとうございます。今年も元気に1年が過ごせるように、好き嫌いせずにおいしく、楽しくごはんをいただきましょう。
 今日はお正月に食べるおせち料理にちなんで「松風焼き」です。松風焼きは、肉やたくさんの調味料を混ぜたものに、ケシの実をたくさん上からふって焼いたものです。今日は村上らしく、鶏肉に鮭を混ぜて、ケシの実ではなくごまをふってあります。ケシの実が裏にはなく表にだけたくさんふってあるので、「裏がない」ということから、隠し事など悪いことがなく、この先1年真っ直ぐに生きられるようにという願いが込められています。皆さんは家でどんなおせち料理を食べましたか?


information

村上市立村上小学校

〒958-0837
新潟県村上市三之町2-41
TEL.0254-53-2249
FAX.0254-53-2250

今月の献立表