活動報告

「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」

7月29日(土)「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」その1

7月29日(土)〜30日(日)かけて、青少年育成事業「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」を朝日地区の二子島森林公園キャンプ場にて開催しております。
この事業の目的は、村上岩船地域の豊かな自然での体験を通じて「故郷愛」を地域の宝である子供達に育んでもらうことです。
始めは緊張の面持ちだった子供達でしたが、時間が経つにつれて、同じ班の友達と打ち解け元気いっぱいです!
まずは、今夜の寝床となるテント張りです。初めてテントを張る子もおり、悪戦苦闘していました。
その後、楽しみにしていたダム湖でのカヌーとアクアチューブ体験(^-^)
初めての体験で不安な様子を見せる子もおりましたが…
みんな上達がとても早く、軽快なパドル使いでスイスイと
気持ち良さそうでした。
静かな山間に、賑やかな子供達の声が響いていました。
これからは、夕御飯作り!!
まだまだ、楽しい課外授業は続きます(^-^)

「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」

7月29日(土)「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」その2

二子島森林公園キャンプ場は、携帯の電波が届かない場所です。携帯を気にせず過ごす時間も貴重に感じます。
夕御飯は、カレーライスと大海! ※大海とは、村上岩船地域の郷土料理です。
かまどの火付けから、飯盒炊飯、カレーや大海の野菜のしたごしらえと子供達はリーダーを中心に役割分担して、お互い協力し頑張っていました。郷土料理の大海は、大人気で大勢の子供達が鍋を囲みました。自分達が作ったものだから、味は格別だったようでおかわりを何回もしていました。
この日その後お楽しみは…
花火・キャンプファイヤー・肝試し!
夏の定番ですが、子供達の歓声・叫び声・絶叫と賑やかなものとなりました。
子供達は、さぞかし疲れて早く寝るのかと思いきや…まだまだ、夜は終わりません。親元を離れ不安な気持ちもあったのでしょうが、テントの中で友達と語り合っていたようです(^-^)
この体験が地域の宝である子供達の記憶に残り、地域に対する「故郷愛」に繋がるキッカケになればと切に願う1日となりました。
やっぱり、自然豊かな村上岩船地域は、最高です!!

「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」

7月30日(日)「君たちが主役だ!体験!!夏の課外授業」その3

二日目の朝。子供たちは元気!元気!
早速、昨日虫取り用に仕掛けた餌のところへ・・カブト虫、クワガタ虫発見!数こそは少ないけれど、自分たちで仕掛けた餌に集まった昆虫に興奮状態!!
朝食作りでは、ダチョウの卵を使ってスクランブルエッグを作るのだが、卵が簡単に割れない><各班協力しながら、工夫しながら黄身を出しておりました。(記念に卵の殻を持って帰っていく子もおりました。)
その後、場所を変え「縄文の里」へ移動。
まが玉作り、縄文の里を見学。
時間の都合で、まが玉を完成させることは出来ませんでしたが、お家で続きを頑張って下さい!
縄文の里見学ではダムに沈んだ集落のお話、その地域から発掘された土器を見て回りました。
実はキャンプ場から縄文の里に移動する際にバスがエンジントラブル!?
昨夜肝試しでお世話になった「顔なし」が出現!
縄文の里でも出現しておりましたね。
この二日間、村上岩船地域の豊かな自然での体験を通じて「故郷愛」を地域の宝である子供達に育んでもらう為に、メンバーは必死!!子供たちは自然を相手に楽しそう(笑)
携帯電話の電波も届かない地域でテレビもゲームもない日常と違う環境で、色々な地域から集まった同世代とすぐに友達になり、協力して食事の準備や片付けなどをしている柔軟な感性を持っている子供達。
お家ではお手伝いをしないと言っていた子も、他の友達のやり方を見て、協力して洗い物をしている姿に親御様の元に少しは大きくなって帰ってくれたのではないかと思います。
ご参加、ご協力下さいました皆様、本当にありがとうございました。
子供たちへ。これからのご活躍期待しております。

いわふね青年会議所 記録

入会のご案内

いわふねJC face book

アドレス